インベスター・ネットワークス株式会社について|ドンドン詳しくなる

貯金箱

一歩先の資産運用

貯金箱

他の人よりも一歩先に行くためには資産運用について学んで行く必要があります。中でも最近はバイナリーオプションに注目が集まってきており、多くの投資家から注目を集めています。

詳細を読む

株価算定について説明します

セミナー

株式上場企業だけではなく非上場企業におても自社の企業価値を十分に把握することは企業運営において大切な要素となっています。評価するための株価算定による価額は算定方式次第で評価額が変わりますから目的に応じて選択することが大切です。

詳細を読む

株価算定の方法について

女性

株価算定は特に非上場企業が譲渡される時や買収する時にその会社の資産価値を測るために行われるものであり、税理士や公認会計士といった専門家に依頼して計算してもらいます。費用としては依頼先によりますがおよそ20万円からとなっています。

詳細を読む

未公開株の株価を算定する

女性

よく聞く株価とは市場価格のこと

インベスター・ネットワークス株式会社の株価など株価には様々なものがありますが、株価は個々の銘柄が値上がりしたとか値下がりしたとか、あるいは平均株価がどう推移したかなど、経済関連のニュースで頻繁に話題になるものの1つです。 言うまでもないことですが、こうした形で言及される株価とは株式市場での取引価格です。つまり株価とは市場が決めるものなのです。したがって株価というものが存在するのは市場に上場されている株のみであって、いわゆる未公開株については日々変動する株価といったものは原則として存在しません。その株が譲渡される際に売り手と買い手の間で価格について合意すれば、それがその時限りの株価となります。ですから極論すればいくらでもいいということになります。 ただ注意しなければならないのは、特定の場面においては未公開株といえども客観的な根拠を持って株価算定を行わなければならないケースがあるということです。

未公開株の株価算定が必要なとき

未公開株の客観的な株価算定が必要になるケースとは、たとえば新規上場といった場合が挙げられます。売出価格が低過ぎればその会社にとって必要な資金調達ができませんし、かといって業績や業績予測などから見て価格が高過ぎれば買い手がつきません。 また、M&Aによってその会社が買収される場合や事業承継によって株主が変更になる場合などにも株価算定が必要となります。企業価値を正しく反映した株価であることが売り手・買い手の双方から求められます。 こうした株価算定には営業利益に着目する方法、配当実績に着目する方法、保有資産に着目する方法などいくつかの算出方法がありますが、いずれも高度な専門的知識が必要となります。そのため算定にあたっては公認会計士や経営コンサルタントなどのエキスパートに依頼することになります。